目標に向けて早めに脱毛した方が良い理由と残った産毛について

脱毛経験ありの立場からして、脱毛しを始めたからと言って直ぐに効果は表れない事、また脱毛後の産毛に関して記したいと思います。誰もが、とは言えませんが多くの女性は肌が1番露出する夏場に一番ムダ毛に関して気になるのではないでしょうか。今からでも遅くない、と夏場に始めたとしても期待する効果はまだそんなになく、どちらかと言うと翌年の夏にやっと脱毛が完了していると言っても過言ではありません。夏に彼氏にムダ毛を見られた、肌を出したいのにムダ毛が気になって出せない、などの後悔が少しでもあるのなら、早め早めをお勧め致します。今はレーザー脱毛が主になっているが、肌と毛の具合を見ながらレーザーを当てていくため、施術は続けて行うものではない。大体ですが、2~3カ月に1回の頻度で通う事となるので、電車広告で最近見掛ける売り言葉の中で「ツルツルな肌を目指そう、夏に向かて脱毛を」などよく目にしますね。安価な値段に乗せられて今すぐにでもツルツルな肌になりたい、と思っても人間の体はそう応えてくれません。もしも夏を目標に脱毛したいのであれば、秋冬から始めても全然遅くありませんし、脱毛完了間際まで毛がなくならない、なんて事はなく部位によっては毛が薄くなりほぼ目立たない状態、自己処理も簡単に、とメリットは沢山あるのです。そして、話が飛んでしまい申し訳ありませんが、脱毛完了したのに残った2、3本の産毛があるとします。例えばそれが脇下だったとしたら、最後の力を振り絞って毛がなんとか生えた、みたいな感じなので毛には申し訳ないけれど、気付いた時にカミソリで剃ってしまい、何回か繰り返す内に弱々しい産毛も消滅する可能性が高い。実際私、友人の話も聞くとそういう声はよく耳にしますね。たかが産毛かもしれませんが、絶対に毛抜きを使用しない事。毛を無理やり抜くのでそれ相当に肌への負担が大きく、摩擦などで黒ずみの原因となってしまうのです。せっかく脱毛完了して黒ずみも消えたと思ったのに、そんな事になっては勿体ない、比べて安全カミソリの方がよっぽど肌に優しくて良い。自分とムダ毛との戦いは延長戦になるかもしれませんが、全く毛がなくならないという話は聞いた事はなく、ここぞという時に自慢できる肌を目指したいならば、期間の余裕を持って脱毛に挑んで頂きたいです。

コメントを残す